無料ブログはココログ

« マイノリティ教育権で取材 | トップページ | 再入国拒否に遭遇したら!? »

2008年2月16日 (土)

MA-INGAT KA!

Mura sa Novembre 2007,may maramin cases ng Pinoy may asawa sa Hapon humihiwarai dahil sa bagon systema ng entry bansan namin.

Bagon systema ay che-checked finger print mo sa entrygate nang immigration sa airport.

Kung dateng OS,TNT etc, record sa ibang apirid mo ditected,status mo immidiatery expired kayrangan pinabalikan sa bansa urit.


Eto ay advice ko

Kung may probrema sa iyo,hawag babalik sa bansa.

Paki amend ang lahat ng status mo.

Paki consult sa atorny(Bengoshi,Gyosei-syoshi)

Kung may parmanent,paki Kika-Shinsei kayo


<日本人配偶者の方へ>

フィリピンと日本では婚姻のシステムが全く異なります。経験的には約30%

近い当事者が再入国時に遭遇するトラブルとなる可能性があります。また

上記内容を日本側が知らないケースも多々あります。一度、比側配偶者に

見ていただければ事態の重大さが理解いただけると思います。


日本語・英語の原典は以下を参照してください。

http://ameblo.jp/asukal9204/entry-10063487483.html

http://ameblo.jp/asukal9204/entry-10063487994.html


拙い比訳ですが、それでも見る人が見れば判って貰えると思います。

人気ブログランキングへ

« マイノリティ教育権で取材 | トップページ | 再入国拒否に遭遇したら!? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/517008/10546440

この記事へのトラックバック一覧です: MA-INGAT KA!:

« マイノリティ教育権で取材 | トップページ | 再入国拒否に遭遇したら!? »